音楽をやってるんだから、まだ知らない音楽も沢山聴いたほうがいいよね〜と前々からうっすら思っていました。一度好きになったらずーっとその曲(アーティスト)ばっかり聴いてしまう性分ゆえ..

しかしここは思春期に構築された自分の好きな曲リスト、どん欲に更新してこうじゃないか・・!

気持ちはありつつも世の中にあふれる膨大な曲の中、どこから手をつけていいかわからなくて、やろうやろうと思いつつ腰が重く..最初は義務感からはじめました。

そこで考えたのが、TSU○A○Aで知らないアーティストや好きなアーティストの聴いたことないアルバムなど、めぼしいものをまとめて借りて、とりあえずipodにばーッと入れて返却、後日移動中にシャッフルして聴くのです。そうすると、誰の曲なのかわからなくなり先入観なく聴けるし、知らないアーティストに対する品定め感もなくなって面白いです。ベテランも売れ筋もアイドルもマイナーも同じ土俵に立たせる、セルフ有線みたいな感じです。気になった曲だけピックアップして掘り下げていこうというわけです。

そんな中に入っていたマッキー(槇原敬之さん)のカバーアルバム「Listen To The Music 3」。あ、これは知らないアーティスト枠ではなくて好きなアーティストの聴いたことないアルバム枠、で借りたのですが、おっ!この曲すごい好きかも・・誰のカバー?と思って調べると。ことごとく大江千里さんの曲だったという・・・これは新たな発見でした。

大江千里さんといえば「やまかつTV」に出ていた記憶が残ってるのですが、タレントさんのイメージが強く、失礼ながらいままでに一度も楽曲を聴く機会がなかったのです。

マッキーのアルバムでカバーされてるのは「Rain」「BOYS & GIRLS」「きみと生きたい」の3曲。最初におっ!と思ったのは「BOYS & GIRLS」、その後「きみと生きたい」でもややっ!?となって、じゃあこれも良い曲なのかな・・と思って聴いた「Rain」にいまハートを射抜かれたところです。

1回聴いた印象では、セクションごとに転調が続いてすこし不思議な感じ、歌詞については「うん、恋愛の歌だな、彼が彼女を雨の中追いかけているのか・・ケンカでもしたのかな」

・・にしてはここでなんでこんなワードが出てきたんだろう?って気になってしまう箇所がぽつぽつとあって。

たとえば「にぎりしめる強さはもうない?」「傷つくようなきみならもういらない?」「なんでここで口笛ふくの?」とか・・気になって歌詞見て、でもやっぱり書いていなくて、知りたい気持ちからそういう空白を自分なりに納得できるように埋めていきたくなって。もうここ一週間で50回くらい聴いてるかも・・という曲..笑。

 

雨の中「しぶきをあげて消えてく君」に「口笛ふいてついてくぼく」

普通に考えたらここで雨にうたれながら口笛ふくのは不自然。

そうか、彼に一生懸命追いかけさせない彼の性格のゆがみというか、まがったとこがあって(歌の出だしですでにそう言っているし)、「行かないで」という気持ちに迫られながらも、余裕しゃくしゃくと口笛をふいてしまうんだ。当然彼女が見てるわけでもないし、自分に向けてのパフォーマンスなのかもしれない。

 

どこかで彼女は立ち止まり自分のことを待っているはずと高をくくっていたのか?

しかし時間の経過とともに遠くへ行ってしまう彼女が自分の中で大きくなっていく・・

今日のうちにあやまらなければもう終わってしまうかもしれない、と思いながら。

 

あ、そうか、終わりにするかしないかはきっと彼次第なんだ、

てことは彼女は彼のことが本当は好きでしょうがないんだろう、

彼の方が優勢な関係だったのかもしれない。

 

結局「行かないで」っていう気持ちは、彼の中だけで終わってしまったのかもしれない。

だとしたら、この雨の日が二人の最後の日になってしまったのかもしれない。

彼女にちゃんと届いていればいいんだけど..っていう個人的私の願望はあるけれど。

彼のフクザツな心情とかっこつけをやめられない裏腹さにすごく切なくなってしまいました。

(あくまで私の解釈です、恥///。)

 

これはオリジナルを聴きたいと思ったのですが、この曲が収録されたアルバム「1234」はもう廃盤だそうで、かろうじてベストアルバムがまだ定価で変えたので、早速Amazonでポチリました。

こんな時がたってこの方を好きになるとは思わなかったです。

そして、結局自分の思春期以前の曲が好きな曲リストに追加されました。

新譜ではないけれど、はじめて知ったから自分にとっては新譜のようなもの・・カナ。

いまはアメリカで活動されているようで、そちらもチェックしてみたいです☆

 

4月になりましたね〜!

気分一新、感動を連れて、新しい季節です。

 

2017/4/28(金)西新宿navi café 

http://navicafe.tokyo/">http://navicafe.tokyo

「ブラタケシ #21」

出演:世古武志、斉藤恵

開場18:30/開演19:30 前当2000yen(2order別)

☆ブラタケシ2周目☆

かわいいフライヤー作っていただきました♡

ご予約受付中・・!info@saitoumegumi.com までおねがいいたします。